しもだて美術館スタッフがおおくりするブログです。

「絵画の坩堝」

2017年6月11日(日) 担当:だいず、たちみみ、ドレミ、よもぎ

だいず:新年度がはじまって早くも二ヶ月が過ぎようとしてますが、
皆様いかがおすごしでしょうか?

たちみみ:テレビで「五月病が~」って聴いて、憂鬱な季節だな、と…( - - ;)

だいず:気候も不安定で、体調を崩しやすいですしね…( - - ; )

ドレミ:その不快感、吹き飛ばしましょう…!!

よもぎ:しもだて美術館でただ今、開催中の「筑西の美術2017-絵画展」、
21名の先生方による作品が楽しめちゃいます!

たちみみ:油彩に水彩、日本画、水墨画、版画…先生方の個性があふれる多種多様の
作品がならぶと圧倒されますね…(゜o゜)

よもぎ:イベントも盛りだくさんですよ。是非ご参加下さいね。(^_‐)-☆


どれみ:6月の作品鑑賞会は、17日です。18日の家庭の日には、
ちっくんもやってきます(*^ ^*)

だいず:そして、今回の展覧会のもうひとつの目玉が同時開催の特設展示
「画家 森田茂のまなざし」です。

どれみ:展覧会とあわせて、お楽しみいただけたらさいわいです( ^ o ^)




青の世界

2017年3月22日(水) レポーター:さつまいも、よもぎ、だいず、ナユタ

さつまいも:三寒四温の季節も終わりでしょうか…。

よもぎ:一気に春めいてきましたねー(^o^)

ナユタ:でも先週は、アルテリオからこんな筑波山が見えましたよ!



          



よもぎ:うっすら雪かぶってる(゜o゜)!!

だいず:この日は寒かったですね…(T_T)

さつまいも:ただ今、しもだて美術館では春季所蔵品展「秋山静と館蔵の名品」を開催しております。

よもぎ:秋山静先生の作品て、エロティックなのに、クールというか、さわやかというか…静寂な感じ?

だいず:主に使われている色の、深い青がそんな印象を与えるのでしょうか?

ナユタ:私はつめたい水に触れるときの感覚を思いだします。水の音が聴こえてきそう…。

さつまいも:私は海の深いところの色だなーって見てました。青がすごくきれいですよね(^_^)

よもぎ:新年度にむけて、何かと落ちつかない時期かと思います(>_<)

だいず:秋山静先生のひっそりと美しい作品を是非、のんびり御覧になってくださいね。

ナユタ:桜の季節も、もうすぐですよ(^o^)/





高橋まゆみ人形展、終了致しました。

2017年3月7日(火) レポーター:ライム、ペコ、ドレミ、たちみみ

ライム:3月5日をもちまして、「高橋まゆみ人形展-おかえりなさい、故郷へ-」
終了致しました!

ドレミ:高橋先生の作品を御覧になって、お客様が自然とにっこりされるのをよくお見かけしました(^_^)

ペコ:私もー!高橋先生の作品のパワーってすごい!!(゜o゜)

たちみみ:お客様の笑顔に、こちらの嬉しくなる日々でしたね(*^_^*)

ドレミ:リピーターして下さったお客様や、高橋まゆみ人形館へ足を運ばれたことのあるお客様も多かったようですよ。

ライム:ときどき、お声掛けいただきましたね…根強いファンがたくさんいらっしゃるんですね(^o^)

ペコ:作品の1番人気は、やっぱり「頑固ばーさんの家出」でしょうか?

たちみみ:大荷物を背負ったおばあちゃんの手には、おじいちゃんのものと思われる
位牌が…(‐o‐;)!!

ドレミ:なんともユーモラスなおばあちゃんの姿が、お客様の笑いを誘ってましたね
(^_^)

ペコ:ご来館下さった皆様、ありがとうございました!

ライム:次回は3月11日より、春季所蔵品展がはじまります。

たちみみ:板谷波山記念館で開催中の「ギフトの達人・板谷波山」との関連展示も予定しております。

全員:どうぞお楽しみに\(^_^)/\(^_^)/\(^_^)/\(^_^)/





繋ぎとめる手仕事

2017年2月23日(木) レポーター:ライム、ドレミ、だいず、ナユタ

ライム:ご好評いただいております「高橋まゆみ人形展-おかえりなさい、故郷へ-」残すところ2週間を切りました!

ドレミ:2月11日には「和菓子で楽しむひな祭り」と称し、和菓子作り体験を開催しました。


           


           


ナユタ:お楽しみいただけましたでしょうか…?

だいず:ご参加くださったお客様、ありがとうございましたm(_
_)m

ナユタ:2月14日は70歳以上の方、無料サービスデーでした。

だいず:開館直後から、たくさんのお客様にお越しいただき、びっくりしました
(゜o゜;)

ライム:ですね。嬉しい悲鳴がでちゃいますねー(^_^)

ドレミ:作品をご覧になったお客様から、「なつかしい」「今は見かけなくなった」
などと、よくお聴きしますが…ポスターにもなっている作品『家族のだんらん』は
特になつかしいですね…(*‐_‐*)

だいず:ちゃぶ台とか、おひつを見かけるのは、旅館くらいになってしまったよう
な…。

ナユタ:親戚の家の食卓がこんな感じだったかもです!

ドレミ:今ではこんな風に、大人数で食卓を囲むことも減ってきましたが、高橋先生のご家族も4世代で大人数だそうですよ(^o^)

ライム:高橋先生はこのような、消えてしまうかもしれない光景を忘れたくない、
残したい、という気持ちで手を動かし、お人形を制作されています。

だいず:お人形というかたちで、高橋先生の手が繋ぎとめた、日常の何気なくも尊い
一場面を是非ともご覧下さい。

ナユタ:「高橋まゆみ人形展-おかえりなさい、故郷へ-」は3月5日(日)までです!





ひなめぐりの季節

2017年2月9日(木) レポーター:ライム、さつまいも、ペコ、ナユタ


さつまいも:2月に入りましたね。


ペコ:ですねー。まだまだ寒い日も続いてますが、日も伸びてきましたね。

ナユタ:近所で梅も咲いてました(^o^)


             


ライム:ちょっとずつ、春にむかってますね(^_^)

ナユタ:ただ今、しもだて美術館では、「高橋まゆみ人形展-おかえりなさい、故郷へ-開催しております。

ライム:今回は高橋先生からお聴きした、作品の見て欲しいポイントをご紹介します!

ペコ:ポイントは3つありまして…1つめは何より「お人形」です。

さつまいも:どんな形をしているでしょうか…1体1体、表情や服装が違うんですよ…
(*′_`*)

ナユタ:2つめはお人形に添えてある「言葉」です。

ライム:お人形の制作中に、浮かんできた言葉だそうです。お人形と一緒に、「言葉」もあじわってみて下さいね(^_‐)‐☆

ペコ:3つめは、その言葉の「文字」です。

さつまいも:ときどき「誰が書いたの?」とご質問をいただきますね(^_^)

ナユタ:なんとも言えないあたたかみのある「文字」、千葉にいらしゃる絵手紙作家の伊藤良男さんがお書きになりました!

ライム:以上の3つのポイントに注目して、じっくり御覧になってみて下さいねー
(^o^)/

ペコ:アルテリオの1階には、おひなさまがたくさん登場してます。



       



さつまいも:ひなめぐりの季節ですねー(*^o^*)

ナユタ:展覧会とあわせてお楽しみ下さいね♪





高橋まゆみ人形展、開催中です。

2017年1月20日(金) レポーター:だいず、よもぎ、ドレミ、たちみみ


だいず:遅くなりましたが、明けましておめでとうございますm(_
_)m

よもぎ:今年もしもだて美術館をどうぞよろしくお願い致します\(^o^)/

ドレミ:1月14日より、「高橋まゆみ人形展-おかえりなさい、故郷へ」がはじまりました!

たちみみ:初日は高橋まゆみ先生による作品鑑賞会とサイン会を開催しましたが、はじまる少し前に、外では雪が…v(゜o゜)v

だいず:ちょっぴり散らついて寒かったねー(>_<)

よもぎ:でも、高橋先生が長野の気配を連れてきてくださったみたいで、嬉しくなっちゃいました(*^_^*)

だいず:長野の冬は厳しいでしょうね…(T_T)

ドレミ:寒いなかご参加くださった皆様、ありがとうございました!

たちみみ:心あたたまる作品がいっぱいです。寒さの厳しい時期に、ほっこり和んでくださいね(^o^)

全員:お待ちしております\(^^)/\(^^)/\(^^)/\(^^)/







ちいさな画伯たち

2016年12月13日(火) レポーター:よもぎ、さつまいも、ナユタ


よもぎ:12月10日より、「筑西市小中学生秀作ポスター・絵画展」がはじまりました!

さつまいも:ご家族連れはもちろん、お子様たちだけでご来館下さるお姿もあり、
とても嬉しいです(^o^)

よもぎ:美術館が皆様にとってもっと身近な存在になれたらいいなぁ…(^_^)

ナユタ:私は寒いのが苦手で、冬になると気分も沈みがちになってしまうのですが、小中学生の絵を見てると、ほっこりします…(*-_-*)

さつまいも:生き生きしてて、カラフルで、目に楽しい絵がいっぱいですよね
(*^o^*)



      


      


ナユタ:冬季所蔵品展も同時開催中です。どちらの展覧会も、12月25日までです!

よもぎ:お見逃しのないよう、お気をつけ下さいねー\(^_^)/






映画「HAZAN」上映しております

2016年12月7日(水) レポーター:ペコ、だいず、たちみみ、ライム、ドレミ


ペコ:師走ですよ…(‐_‐;)

だいず:1年て、あっという間ですね…(′A`;)

たちみみ:年の瀬の気配にソワソワして落ちつきません(T_T)

ライム:それじゃあ、のんびり映画でも観て、落ちつきませんか(^o^)

ドレミ:ただ今、しもだて美術館では冬季所蔵品展を開催し、映画「HAZAN」を上映しております。

たちみみ:奥様のまるさんがかっこいいな…(*-
-*)

ペコ:波山先生を献身的に支える影の功労者ですね。

だいず:陶芸の道を邁進する波山先生もかっこいいですよー(>o<)

ライム:単館券200円で所蔵品展+映画「HAZAN」はとってもお得ですが、板谷波山記念館も見られる共通券をオススメしたいです!

ペコ:映画のなかで、波山先生とまるさんが、少しずつ煉瓦を集めては削って、自分たちで窯を作るシーンが大変そうで…(;_;)

たちみみ:当時の波山先生には余裕が無く、1年以上かかって、まるさんと2人で窯を築いたと…たくさん苦労されたでしょうね…。

ライム:その窯は“夫婦窯”と呼ばれてまして、板谷波山記念館に展示されてます
(^o^)/

ドレミ:映画のあとに是非、実物を御覧になってみて下さいね(^_^)

だいず:映画「HAZAN」の上映開始時間は13時です。お間違えのないよう、お気をつけ下さい。

ペコ:12月10日(土)からは「筑西市小中学生秀作ポスター・絵画展」がはじまります。

ドレミ:冬季所蔵品展、映画「HAZAN」とあわせて、ご家族でお楽しみ下さいね
(^o^)/






舘野弘絵画展、終了致しました

2016年11月22日(火) レポーター:ドレミ、さつまいも、ペコ、よもぎ


ドレミ:11月20日をもちまして、「舘野弘絵画展-雨と空と雲と未来-」終了致しました。

さつまいも:いろいろ考えてしまう作品でしたねー。

ペコ:ですね。私は特に、「前線」シリーズが…ハンガーに吊るされて行き先が決められてるのが哀しい…(T_T)

さつまいも:私は逆に、行き先を選ばず流れに身をまかせるのが楽なのかなぁ…なんて(^_^;)

ペコ:そっか!!(゜o゜)そんな風にも見える…。

よもぎ:今、つらい場所に居る人には、「苦しいのは自分だけじゃないんだ」って励みになる絵な気もしますね(^_^)

ドレミ:でもまさか、そのハンガーの表現のルーツがクリーニング屋さんだった
とは…。

よもぎ:仕上がった洗濯物がハンガーにかかって、ぐるぐる回ってるのがおもしろかったって、おっしゃってましたね(^o^)

ペコ:あと、舘野先生も実際にハンガーにぶらさがってみたとお聴きして、びっくりしました(>_<)

さつまいも:服がすごい伸びちゃったって苦笑されてましたね…(´‿`)

よもぎ:舘野先生の教え子さんがたくさんご来館下さったのも、嬉しかったです
(*^_^*)

ドレミ:舘野先生がかつて、高校の美術の先生に影響をうけたみたいに、教え子さんにとって、舘野先生に出会ったのが何かのきっかけになるかもしれませんね(*^o^*)

さつまいも:ご来館下さった皆様、ありがとうございました!!

ペコ:次回は11月26日より、冬季所蔵品展がはじまります。映画『HAZAN』も上映しちゃいますよ(^_‐)-☆






夜に描く。

2016年11月10日(木) レポーター:だいず、たちみみ、ライム、ナユタ


だいず:たちみみさーん!!

たちみみ:なんでしょう(^
^)

だいず:10月22日の絵画体験教室に参加されたって聴きました!

たちみみ:そうなんです(^^)遅ればせながら、ご参加下さったお客様、ありがとうございましたm(_ _)m

ナユタ:そのお話、是非くわしく!!(>o<)

たちみみ:まず部屋に入ったらキャンバスが机に置いてあって…ちょっぴり緊張してしまいました…(^_^;)

ナユタ:おぉ…それは緊張するかも…(゜o゜;)

たちみみ:部屋を薄暗くして、卓上ライトを頼りに鏡を見ながら描く、というのがなかなかやらない事なのでおもしろかったです!

ライム:絵の具は何を使いました?

たちみみ:アクリルです。白でハイライトをつけた後、黒と茶でペタペタ塗って、背景には赤・青・黄を使いました。厚塗りで描くのはむずかしかったですが、先生の制作過程を垣間見た気がしました。参加してみて、いい経験になりました(*^_^*)


        


ライム:先生、描いていて調子いいのが午前2時から4時頃っておっしゃってたけど…。

だいず:寝不足でもへっちゃらなのかな…(^_^;)

ナユタ:私だったら仕事中に眠くなります(T_T)

たちみみ:こちらの絵も、舘野先生が当時、勤務された学校に泊まって、夜中に描かれたそうですよー。


        


ナユタ:閉じこもって自分を守ってるのかな…。

ライム:殻や繭から出ようとしてるようにも…?

だいず:はたまた、ここから枝が伸びて、きれいな花が咲いたりして…。

ナユタ:いろいろ考えてしまいますね(^o^)

たちみみ:舘野先生が館内にいらっしゃる日もございます。是非、お話してみて下さいね。

ライム:「舘野弘絵画展-雨と空と雲と未来-」は11月20日までです。お見逃しなく!!







ちいさな秋の音楽会

2016年10月20日(木) レポーター:たちみみ、ペコ、ドレミ、よもぎ

たちみみ:朝晩、肌寒くなってきましたね…(>_<)

ペコ:秋ですねー。

ドレミ:10月15日、ギャラリーコンサートを開催いたしました(^^)

よもぎ:お天気にも恵まれ、たくさんのお客様にご来館いただきました(^^)

たちみみ:舘野先生の絵に囲まれてのコンサート、いかがだったでしょうか?

ペコ:趣味はクラシック音楽とおっしゃる舘野先生には、チェロでご参加いただきましたー!!



           



ドレミ:やっぱり生演奏っていいなぁ…(*-_-*)

よもぎ:舘野先生かっこよかったですね(*^o^*)

たちみみ:ねー!

ペコ:そういえば、会場になった展示室、音楽に縁のある作品があるんですよ(^_^)b

ドレミ:えっ…(゜o゜)

よもぎ:どれどれ!?

ペコ:「象の街
CagegoesHome」です!



         




ペコ:音楽家のジョン・ケージが亡くなったのが1992年です。この絵はその頃に描かれたそうですよ。「4分33秒」って曲が有名でしょうか…?

たちみみ:楽譜に“休憩”って書いてあって、楽器の演奏が一切ない、不思議な曲ですね☆

ドレミ:タイトルのCageはジョン・ケージさんからという訳ですね!

ペコ:舘野先生は制作中に音楽をよく聴いていて、音楽からイメージを得ることも多いそうです。

よもぎ:絵からどんな音楽が聴こえるか空想しながらもう1回、絵を見てみようかな…
(^o^)

たちみみ、ペコ、ドレミ、よもぎ:ギャラリーコンサートにお集まり下さったお客様、演奏者の皆様、舘野先生、誠にありがとうございました!!








舘野弘絵画展、初日&作品鑑賞会

2016年10月5日(水) レポーター:ライム、だいず、さつまいも、ナユタ

ライム:10月1日より『舘野弘絵画展-雨と空と雲と未来-』がはじまりました!!

だいず:初日は作品鑑賞会でした。生憎のお天気のなかご来館下さった皆様、ありがとうございました!

ナユタ:お休みをかわって下さったさつまいもさんも、ありがとうございました…
m(_ _)m

さつまいも:どうでしたか、鑑賞会は(^ ^)

ナユタ:貴重なお話をいっぱいお聴きすることができましたが…盛りだくさんすぎて
ブログじゃたりません…どうしよう…(T_T)

だいず:じゃあ、ひとまず最初の展示室!個人的に、梱包シリーズが気になる…(>_<)

ライム:布のシワとか、影の感じがすごくリアルですよね!

ナユタ:実際に、段ボールなどを中にいれて、布で包んだものを描かれたそうです。

ライム:だからこんなにリアルなんですね…。

だいず:布は想像だけでは描きにくいですよね…。

さつまいも:なにが包まれてるんだろう…?

ナユタ:先生ご自身だそうですが、いろいろ想像してみるとおもしろいですよね。

さつまいも:監視中に聴こえた、先生の「見る人の自由。何かを感じていただけたら」って言葉が印象的だったなぁ…。

ナユタ:舘野先生はたぶん、言葉で表現するのが得意ではなくて、だからこそ絵をお描きになるのかもしれないですね…あ!ちょっとこのへんに立ってみて下さい!

ライム、だいず、さつまいも:おおー!!(°o ゜)(°o ゜)(°o ゜)

ナユタ:初期作品から絵が変化していく様子を一望できるベストポジションなのです
(^o^)


           

(※展示室に入って「不安の構造」の前あたりです。
今回はブログ用に特別に撮影しております。
館内は撮影禁止です。ご了承ください)



だいず:これは是非ともお客様ご自身の目でご確認いただきたいです…!!

さつまいも:10月15日にはギャラリーコンサートもございます。お楽しみに!!







秋の気配と空と雲。

2016年9月22日(木) レポーター:だいず、さつまいも、よもぎ、たちみみ

だいず:一気に秋めいてきましたねー。

さつまいも:そろそろ金木犀が香ってくるころでしょうか…ちょっと気がはやいかなぁ…。

よもぎ:通勤途中に、蕎麦の小さい白い花がたくさん咲いているのを見ましたよ。

たちみみ:稲刈りしてるのもよく見かけますね。すっかり秋って感じですねぇ。

だいず:私、ちょっとまえにこんなものを見かけました…。


           


よもぎ:すごいもくもくしてますね(゜O゜;)

たちみみ:ん?なにかに似てる…?

さつまいも:あ!!舘野先生の作品にでてくる雲に似てる!?

だいず:そう思って、散歩中に撮っちゃいました(^_^)b

たちみみ:去年の「筑西の美術2015-絵画展-」で拝見した舘野先生の作品に、
こんな風な雲が描かれてましたね(^o^)v

さつまいも:10.月1日からは「舘野弘絵画展-雨と空と雲と未来-」がはじまります。

よもぎ:初日は舘野先生をお迎えしての作品鑑賞会もありますので、是非いらして
下さいね!





「ダンボールアート遊園地」終了しました。

2016年9月7日(水) レポーター:だいず、ライム、ペコ、ナユタ
だいず:9月4日をもちまして、「ダンボールアート遊園地」終了しました。

ペコ:「知らない子とお友達になれた」「夏休みのいい思い出になった」などと、
お声かけ下さったお子様もいらっしゃいましたよ(*^0^*)

ナユタ:嬉しいですねー。すごくお仕事の励みになります…ありがとうございます!

ライム:ところで、展覧会が終わって作品たちはゴミになって捨てられちゃうの?と、
心配になる方もいらっしゃるのではと思います。

だいず:心配しないで下さい!どこか次の場所で展示できないほどへたってしまった
ダンボールは、リサイクルされます!

ペコ:また新しいダンボールになって、再び作品にうまれかわったり、はたまた、私達の家にやってくるミカン箱になったりするかもしれませんよ(^・w・^)b

ナユタ:お恥ずかしながら私、ダンボールにリサイクルマークがついてるの、知らな
かったです。ゴミの分別、しっかり見直そうと思います!

ライム:暑い中、ご来館下さった皆様、ありがとうございました。次回は秋季所蔵品展です。

だいず:夏の疲れを癒しがてら、のんびり遊びにいらして下さいね(^_^)v



宿題をやっつける。

2016年8月24日(水) レポーター:ナユタ

こんにちわ。只今、開催中の「ダンボールアート遊園地」、おかげさまでたくさんの
お客様にご来館いただいております。ありがとうございます!
夏休みももうすぐ終わりですが、学生の皆様、宿題は終わりましたでしょうか?
実は、監視員にも宿題がでてまして…というのも、ご来館下さったお客様に
クジ引きをしていただき当たりが出たら手作りキットをプレゼントしてますが…
そのキット、監視員も試しに作るようにと、宿題がでていたのです。

白状します。まだ、やってませんでした。
ごめんなさいm(--)m
自分、不器用なんです…(
T▢T;)
監視員で不器用選手権を開催したら、ぶっちぎりで優勝できますが、言い訳は無用、
宿題はちゃんとやらねばなりません。

せめて、好きに楽しく作ろう…と、絵の具をペタペタ…レインボーカラーにして
しまおう…。センス無い、塗りムラがひどい、というのは自覚しております。
つっこまないで下さい…(;‐;)


         


ド、ドギァーン……orz

         

これが、せいいっぱいでした(‐_‐;)
クジに外れてしまった方はごめんなさい。また遊びにいらして下さいね!
美術館のなかで遊べる機会はなかなかありません。今のうちに、たくさん遊んで
下さいねー(^o^)/




ナイトミュージアムが終了しました。

2016年8月7日(日)

さつまいも:8月5日、6日にナイトミュージアムを開催致しました!!

たちみみ:たくさんのお客様がご来館下さり、お子様にも楽しくお過ごしいただけたようで、大変喜ばしいです(^o^)

よもぎ:夜にもかかわらず足を運んでくださった皆様、2日間ありがとうございました!

ドレミ:予想を遥かに上回るお客様にお越しいただいたため、至らない部分もあった
ことと思います…申し訳ございません…

よもぎ:より良い美術館になれるよう、頑張っていきますので、是非、ご意見ご感想、お寄せ下さいね!

たちみみ:今回のナイトミュージアム、館内を薄暗くし、色が変化する照明を使って
ライトアップしました。

ドレミ:お昼の美術館とはかなり違って、洞窟やジャングルに居るみたいでしたよ!

さつまいも:意外と、壁に映る作品の影も良くて、南国の夕暮れを見てるみたい
だなー…と、オープンまでの束の間、ぼんやりしてしまいました…(*^_^*)

たちみみ:それにしても、お子様たちはお昼も夜も元気いっぱいですごいですねぇ。
疲れないか心配になっちゃいます…(^_^;)

よもぎ:お子様たちのパワフルさに圧倒されつつも、こちらも元気をいただく日々
です。無理なく楽しく遊んで下さいね(^o^)/

ドレミ:「ダンボールアート遊園地」、9月4日(日)まで開催中です。是非、遊びに来て下さい!!


           




「ダンボールアート遊園地」はじまりました!!

2016年7月21日(木)

だいず:そろそろ梅雨も終わりですねぇ…。

ナユタ:まもなく夏本番ですねー。

よもぎ:しもだて美術館では、7月16日から「ダンボールアート遊園地」がはじまり
ました!

たちみみ:ダンボールというと、梱包材に使うばっかりですが…こんな風に化ける
なんてびっくりですv(゜o゜)v

よもぎ:だいずさんとナユタさん、展示をお手伝いしたって聞きましたが…。

だいず:そうなんです。迷路の組み立てを中心にお手伝いさせていただきました。

ナユタ:アーチ状のものとそうでないものと、2種類のダンボールがありまして、
見取り図で確認しつつ、ひたすら繋げました。

だいず:その作業も楽しかったですが、他のスタッフさんが隣でバラバラだったパーツを組んで、形にしていく過程が視界に入るんですよ。すごい!って、こっそり
テンションあがってました(笑)。

たちみみ:恐竜ワールドなんて、博物館で化石を見てるみたいですね(≧▿≦)b

よもぎ:遊具コーナーは、大人がのっても大丈夫です。ここぞとばかりに童心にかえって楽しんじゃって下さいね(^_-)-☆

ナユタ:そして今月末は下館祇園まつりが待ってます。その後にはなんと!8月5日、
6日にナイトミュージアムが待っているのです!!

だいず:いつもなら閉まってしまう18時~20時、オープンしちゃいますよ!

全員:お楽しみに!!ヽ(^o^)ノヽ(^o^)ノヽ(^o^)ノヽ(^o^)ノ

 



「松本零士展-夢の彼方へ-」終了しました

2016年7月12日(火)

ライム:7月10日をもちまして「松本零士展-夢の彼方へ-」終了しました!

ペコ:「なつかしい」「見ごたえがあった」「貴重な原画が見られてよかった」など、
お客様から嬉しいお言葉をたくさんいただきましたよ(*^o^*)

さつまいも:私、漫画の生原稿ってはじめて拝見しました…。

ドレミ:なかなか見られる機会は無いですよね。

さつまいも:修正した跡とか、写植を貼るまえの手書きの文字とか、本になったら
見えなくなってしまう部分が見えてしまって…。

ペコ:生々しい感じがします!

さつまいも:そうなんです!執筆中の緊張感が伝わってくるようで、どきどきしました
(>_<)

ドレミ:ご来館下さった皆様、誠にありがとうございました!

ライム:次回は7月16日より、「ダンボールアート遊園地」がはじまります。

全員:どうぞお楽しみに!!


                   





プラネタリウム上映会を開催しました!

2016年6月24日(金)


6月19日(日)、プラネタリウム上映会を開催しました。
当日は家庭の日ということもあり、「松本零士展」「プラネタリウム上映会」共に
たくさんのご家族連れがご来場になりました。


       


筑西市に移動式のプラネタリウムが来るのは、今回が初めてのことでした。参加された方の中にはプラネタリウムを初めてご覧になった方もいらっしゃったようです。
ドームに映し出される星々はとてもきれいで、あっという間に時間が過ぎてしまい、
もっと見ていたい気持ちにさせられたことと思います。



       


解説していただきましたつくばエキスポセンターの方々、そしてご来館くださった皆様、ありがとうございました!







松本零士先生のサイン会を開催しました!

2016年6月16日(木)


6月12日(日)、下館駅にて松本零士先生によるSL出発式、そしてアルテリオにてトークショー&サイン会を開催しました。
当日はたくさんのお客様がお見えになりました。松本先生の作品の原点となる体験談や、様々なエピソードをお話しいただきました。


        

写真提供:下館レイル倶楽部



        


               


松本零士先生、そしてご来館くださった皆様、ありがとうございました!

なお、松本零士展は7月10日(日)まで開催しております。まだまだ期間が御座いますので、是非ご来館ください。

そして6月19日(日)には関連行事として、プラネタリウム上映会を開催いたします。
アルテリオ1階の集会室にて、つくばエキスポセンター専門解説員のご案内で夏の夜空を観賞しながら宇宙空間へ思いを馳せていただけます。
(※入場者数に限りがございますので、ご注意ください。)







平野杏子の版画が仲間入りしました。

2016年6月8日(水)


ライム:「只今、開催中の『松本零士展-夢の彼方へ-』ご好評いただいております。」

たちみみ:「親子連れや女性のお客様も多くて、松本先生の作品は世代や性別を超えて

愛されてるんですね…びっくりしました…。」

よもぎ:「嬉しい限りですねー。でも今回、それだけじゃないんですよ!」

さつまいも:「そうでした…!!」

ドレミ:「なんと、しもだて美術館に14点の作品が、新しく仲間入りしましたー!!」

全員:「わーーい!!\(^^)/\(^^)/\(^^)/」

だいず:「平野杏子先生の、シルクスクリーンという技法を使った版画の作品です!」

ナユタ:「実は平野先生、大久保婦久子先生と繋がりがありまして…『新収蔵作品展』
と称し、平野先生と大久保先生の作品の共演をお楽しみいただける展示です」

ペコ:「今までの所蔵品展とはかなり違った雰囲気ですねー…。」

全員:「松本先生の作品のあとに是非、御覧下さい!」


          





「松本零士展 -夢の彼方へ-」開催中です。

2016年5月27日(金) レポーター:ナユタ

ついに、5月21日より『松本零士展-夢の彼方へ-』がはじまりました!!

少年時代、少女時代に、松本先生の描かれる冒険活劇にわくわくされたり、主人公や

ヒロインに憧れた方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

今回、作品展示数が約300点と、大変多いです。じっくり御覧になりたい方は、お時間

に余裕を持ってお越し下さいね。

お待ちしております!!


            

                                   




松本零士展、準備中…

2016年4月27日(水)

「熊本地震で被災された皆さまへ」

熊本、大分県を震源とする地震により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

微力ながら、少しでもお役に立てればと、チケットカウンターに義援金ボックスを設置致しました。よろしかったら、ご協力よろしくお願い致します。

ナユタ:「桜の季節も過ぎて、暑くなってきましたねー。」

さつまいも:「昼間は、半袖でも過ごせてしまう日が増えてきたような…?」

たちみみ:「みなさーん!松本零士展のチラシとポスターができあがってきましたよー!」

ナユタ、さつまいも、よもぎ:「おおー!!」

よもぎ:「いろんなキャラクターがいっぱい…」

たちみみ:「チラシのうしろも見てください!」

ナユタ、さつまいも、よもぎ:「おおー!!」

さつまいも:「イベントがいっぱい…」

ナユタ:「まだ、少し先ですけど、わくわくしますね」

たちみみ:「少しでも気になった方、是非、ポスターとチラシをチェックしてみて下さいね!」

         



新年度が始まりました。

2016年4月15日(金)

よもぎ:「桜が満開ですね」

ナユタ:「新年度がスタートしましたね」

よもぎ:「しもだて美術館にも、ニューフェイスがやってきました!」

ドレミ:「ペコさん。緊張してますか?リラックスして自己紹介をお願いします。」

ペコ:「はい。私、筑西生まれ筑西育ちのペコと言います。どうぞよろしくお願いします!!」

よもぎ・ドレミ・ナユタ:「よろしくお願いします!!」

ドレミ:「今年度の展覧会で何か気になるものはありますか?」

ペコ:「5月より開催予定の『松本零士展』が気になります。名作の世界観に触れられるのを、今から楽しみにしています!」

ナユタ:「下館はSLも走ってますし、どんな展覧会になるか楽しみですね」

よもぎ:「2016年度の展覧会のご案内ができあがりました。是非、チェックしてみて下さいね!!」

  
                                                




美術館トップへ戻る
CONTENTS
トップページ
展覧会
所蔵作品
美術館について
教育&講座
English Guide
リンク
更新履歴
お問合せ
 
過去ログ
2015年度
2014年度後半
2014年度前半
2013年度

筑西市のホームページへ

地域交流センターのページへ

しもだて美術館
〒308-0031 茨城県筑西市丙372(アルテリオ3階) 電話:0296-23-1601 FAX:0296-23-1604
E-mail : datebi@city.chikusei.lg.jp

Copyright (C) 2004 Shimodate Museum of Art All Rights Reserved